『アンゴルモア 元寇合戦記』大陸の日本侵攻計画“元寇”を異なる視点から描いた歴史大河ロマン

当ページのリンクには広告が含まれています

『アンゴルモア 元寇合戦記』たかぎ七彦 著/KADOKAWA

“元寇”といわれても、多くの方は日本史の授業で習った“蒙古襲来”として、「昔の中国(元朝=モンゴル帝国)が日本の博多に攻めてきたけれど、台風で退却した……」程度の認識しかないのでは?

ましてや、その前に対馬で戦いがあったことなど、ほとんどの方が知らないはず。その対馬を舞台に、元寇の戦いを描いた歴史大河ドラマが『アンゴルモア 元寇合戦記』だ。

目次

元寇は博多だけじゃない? 歴史の闇に埋もれがちな対馬の戦い

念のため、『アンゴルモア 元寇合戦記』の基本設定でもある“元寇”“蒙古襲来”を簡単におさらいしておくと…。

時代背景は日本の鎌倉時代中期。当時のモンゴル〜中国大陸を支配していた元朝(モンゴル帝国)が、その属国だった高麗(朝鮮)軍とともに、日本への侵攻を開始。二度にわたる大規模侵攻作戦は“文永の役”(1274年)“弘安の役”(1281年)と呼ばれ、いずれも主戦場は博多湾(現在の福岡市近郊)だった。

以上が歴史の教科書に記される概要だが、実は元・高麗連合軍が日本本土へ到達する前、対馬・壱岐でも戦闘が行われていたことは、あまり知られていない。

本作に描かれる元朝の第一次日本侵攻計画(文永の役)では、元・高麗軍の先遣部隊が対馬に上陸。現地守護代・宗資国が率いる軍勢と戦闘状態になり、日本側は奮戦したもの圧倒的な戦力差で壊滅した……という史実がある。

こうした基本設定をなぞるだけでも、歴史好き、大河ドラマ好きな方ならワクワクするはずだが、実際の戦いはどうだったのか!?

鎌倉幕府の権力が弱まり始めた時代背景や、鎌倉から遠く離れた九州の地理的条件など、様々な要素が物語に見え隠れする点も、歴史好きにはたまらないポイントだろう。

著:たかぎ 七彦
¥625 (2024/04/13 20:22時点 | Amazon調べ)

日本を守った英雄は鎌倉幕府の内紛で生み出された!?

ただし、本作『アンゴルモア 元寇合戦記』での対馬守護代・宗資国は、あくまで脇役的な存在として描かれる。

物語の主人公は、北条氏一門の内紛で罪人扱いとなり、鎌倉幕府によって対馬に流刑された元御家人・朽井迅三郎。本来は真っ当な鎌倉武士だっただけに、幕府の危機に直面して流人らと自警団的な軍団を組織し、宗資国とともに元・高麗軍に立ち向かう。

ちょっと出来すぎな英雄伝的ストーリーは、いかにもコミックらしい設定だとも。が、読み進むにつれ、やはり漫画にはヒーローが必要だと実感させられるに違いない。それは朽井迅三郎という、良くも悪くも強烈なキャラクターが為す技でもある。

なので、例えば1巻から読み始めて「微妙かな……」と思われた方は、ぜひ2〜3巻まで読み続けて欲しい。いつの間にか、朽井迅三郎の存在感に圧倒されている……はずなので!?

漫画に何を求めるかで評価が大きく変わってくる問題作

正直なところ、読み始めた当初は、多くの方が前述のような“微妙感”を抱かれるかもしれない。

粗削りとも言い換えられそうな、独特なタッチの作画。時にご都合主義的に、驚くほどのスピード感で進んでしまう物語。登場人物、それも主要なキャラクターが次々と討ち死にし、また新たなキャラクターにウエイトが移行していく違和感。いずれも、大人向けの歴史大河ロマンという期待感を抱きすぎると、肩透かしになりがちな要素だろう。

いっぽうで、中世西洋の騎士団にも劣らない鎌倉武士の強さ、対馬という本土から離れた離島での悲惨な生活など、本作ならではの視点、読み応えがあるポイントも少なくない。主要キャラクターが討ち死にしていく展開も、読者を裏切り続ける大胆不敵な構図だと考えれば、逆に作品の魅力となってくる。

要は、様々な要素がごっちゃに詰め込まれた、寄せ鍋(あるいは闇鍋)のような面白さを感じる作品なのだと。その構成があまりにパワフルなため、読み手側の処理能力が追い付かなくなることもしばしば……。完成度という意味では難があるともいえそうだが、漫画に何を求めるかで、読み方・感じ方・評価が様変わりする作品なのかもしれない。

ちなみに、対馬での元寇という歴史的な視点からすると、「あくまでフィクション」という立ち位置であることをお忘れなく。歴史を知るきっかけにはなるものの、歴史の教科書ではないため、そこも読み手の意識を要求してくる作品だといえそうだ。

また、本作の続編『アンゴルモア 元寇合戦記 博多編』では、こうしたフィクション性がより強くなる。作風に慣れるという意味でも、まずは完結済みの『アンゴルモア 元寇合戦記』から読まれることをお勧めしたい。

著:たかぎ 七彦
¥625 (2024/04/13 20:22時点 | Amazon調べ)
出演:小野友樹, Lynn, 小山力也, 乃村健次, 斎藤志郎, 堀江瞬, 竹内良太, 小林裕介, 浜田賢二, 柴田秀勝, 鈴木達央, 立花慎之介, 小野賢章, 小野友樹, Lynn, 小山力也, 乃村健次, 斎藤志郎, 堀江瞬, 竹内良太, 小林裕介, 浜田賢二, 柴田秀勝, 鈴木達央, 立花慎之介, 小野賢章 監督:栗山貴行
\31日間無料トライアル実施中!/
U-NEXTで観る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コミック、アニメ、鉄道、バイク(カブ主)、クルマ、旅、温泉、キャンプ、歴史&城、Audio&Visual、阪神タイガース、NFLなど、好きなモノがありすぎて困る多趣味人間な物書き(フリーライター)。神棚作品は『逮捕しちゃうぞ』『きまぐれオレンジ☆ロード』『ARIA』。

目次