安眠がテーマのファンタジーコメディ『魔王城でおやすみ』で癒されまくり!

当ページのリンクには広告が含まれています
『魔王城でおやすみ』(熊之股鍵次/小学館)

かつて、人間と魔物・魔王が対立していた世界。魔王軍に幽閉された人間界の姫が、自身の“安眠”を求めて魔界をてんやわんやさせてしまうファンタジーコメディ『魔王城でおやすみ』。ひたすら安眠にこだわる“一点集中型”の世界観が、独自の作風を生み出す秀作なのです。

著:熊之股鍵次
¥528 (2024/05/26 18:05時点 | Amazon調べ)
目次

主人公&ヒロインは魔王城に幽閉された幼女姫

作品の主人公&ヒロイン、人類統一国家カイミーン国の姫・オーロラ・栖夜・リース・カイミーン(通称・スヤリス姫)は、対立する魔界・魔王軍の人質として、魔王城に幽閉されてしまいます。一般的にはここで「人間界に戻りたい!」「勇者よ、助けに来て!」となるわけですが、本作品は一味も二味も違うわけで……。

姫を助け出そうと、魔王城を目指す勇者たちは登場します。が、なかなかポンコツな勇者たちで、ちっとも前に進めません。魔物たちも人殺しをしたくないため、仕方なく邪魔をするのですが、それ以上に勇者たちが自滅してしまい……。

ん? 魔物が人を殺したくない?

そう、本作品に登場する魔王や魔物は、実は人間が嫌いではないらしく。人間が攻めてくるため、仕方なく対抗しているだけなのです。

魔王城に幽閉された姫も、衣食住が完璧に揃った、何不自由ない生活を送らせてもらえます。“人質”や“幽閉”といった言葉のイメージとはかけ離れた、お姫様ベッドで優雅な日々を送っているものの、実は「寝る以外にすることがない!」。そこで姫は、“安眠”を徹底的に追及し始め……。

快適生活を目指す傍若無人な姫の所業が可愛すぎ?

超絶美少女で母国民から慕われていた姫ですが、実は人一倍マイペースな思考回路の持ち主。目標が定まると一直線に突き進む傍若無人キャラと、超アグレッシブな行動力が相まって、魔王城を引っ掻き回し始めます。

安眠を追求するため、まず目をつけたのは枕とシーツ。姫のお世話役魔物“でびあくま”を気持ちいいブラッシングで調略し、そのモフモフ&ふわふわな毛を入手。部屋(いちおう牢屋)から出て、魔王城内をこっそり動き回れるようにも。城内では出会った魔物の身体から針やハサミ、生地(の代用品)を頂戴し、お手製モフモフ&ふわふわ枕と肌触り抜群なシーツが完成!

手先が器用な姫は、在り物を組み合わせながらさまざまな快適生活グッズを作り上げていきます。こうしたモノづくりの面白味は、大ヒットした海外ドラマ『MACGYVER/マクガイバー』シリーズにも相通じるものが。今度は何から何を作り上げるんだろう……的な期待感も膨らみます。

一方、姫が駆使する独自な(巧みな)調略術も見どころに。物静かで口数少なく、一見すると大人しいお嬢様ですが、実は少女とは思えない怜悧狡猾さで脳内思考をフル回転。快適な幽閉生活を目指し、魔王城をてんやわんやに……。魔王たちも「何か変だぞ」と思いつつ、まさか姫の可愛い所業だとは思わず……。

そう、姫がやらかす事件は、どれも可愛さに満ち溢れているのです。客観的に見れば、けっこう非道なこともしているはずなのですが、そう感じさせない可愛らしさは姫の天然さ&純粋ピュアなキャラゆえでしょう。この愛らしく憎めない設定こそ、作品の世界観を際立てるポイントなのです。

著:熊之股鍵次
¥528 (2024/05/26 18:05時点 | Amazon調べ)

ピュアで優しい世界観が醸し出す心地よさ

やがて魔王たちも姫の所業に気づき、「さらってくる姫を間違えた……」などと後悔し始めますが、姫を責めたり、傷つけることはしません。魔物たちも、姫のピュアな可愛らしさが憎めないわけで。姫が魔王城にもたらす“ほのぼの感”は、物語の味わいに心地よさを醸し出します。

作者・熊之股鍵次は、本作が初本格連載。が、その完成度を見る限り、初本格連載とは信じられない気も。ファンタジー概念の演出センスは、秀逸といえるでしょう。『怪体真書0』(小学館)や『RPG不動産』など(芳文社)で知られる、険持ちよのアシスタントを経てデビューとのことですが、作風に相通じるものも感じさせます。

また、物語中盤から見え隠れし始める(=変化し始める)姫と魔物たちの関係性も、作風の幅を広げていきます。幽閉生活が長くなり、魔物たちの日常に触れる機会も多くなった姫は、時に魔物たちを思いやるように。姫の傍若無人さに手を焼いていた魔物たちも、彼女の優しさや純粋な心に癒され、何とも微妙な関係性が成立し始めます。これは読者と姫&魔物の関係性にも置き換えられるので、意図的な演出だとすれば、作者は相当な策士?

怜悧狡猾さの持ち主でありがら、虫歯治療から逃れようと魔王城を半日間も大騒動にしてしまう姫は、とてつもない可愛いわけで。シンプルな基本設定から、当初はどこまで続けられるのか……とも思いましたが、やがて姫の行動が魔界と魔物たちを変え始め、物語は新たな展開へ。そして読み手は、面白おかしく優しい世界観にドップリと……。この深みは、とても気持ちいい沼ですよ。

著:熊之股鍵次
¥528 (2024/05/26 18:05時点 | Amazon調べ)
出演:水瀬いのり, 松岡禎丞, 石川界人, 小林親弘, 下野 紘, 小山力也, 高橋伸也, 山根雅史, 相馬康一, 大原さやか, 黒田崇矢, 大塚剛央, 大橋彩香, 諏訪部順一, 佐倉綾音,水瀬いのり,松岡禎丞,石川界人,小林親弘,下野 紘,監督:山﨑みつえ,
\31日間無料トライアル実施中!/
U-NEXTで観る
TVアニメ「魔王城でおやすみ」PV第1弾

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コミック、アニメ、鉄道、バイク(カブ主)、クルマ、旅、温泉、キャンプ、歴史&城、Audio&Visual、阪神タイガース、NFLなど、好きなモノがありすぎて困る多趣味人間な物書き(フリーライター)。神棚作品は『逮捕しちゃうぞ』『きまぐれオレンジ☆ロード』『ARIA』。

目次