『ギフテッド』―不思議な能力と類い希な推理力で事件に挑むバディ・ミステリーは本格的かつ挑戦的【ドラマ化】

当ページのリンクには広告が含まれています
『ギフテッド』(原作:天樹征丸、漫画・雨宮理真/講談社)
目次

ヒットメーカー・天樹征丸(樹林伸)&『なかよし』が送る意欲作

「ギフテッド」とは、生まれつき突出した才能や能力を持っている人や、人並みはずれたIQ(知能指数)・知能を有している人を指す。エンターテインメントでも題材として扱われる機会も多いが、言葉そのものをタイトルに冠した作品が、今回紹介する『ギフテッド』だ。

本作は、作風やジャンルごとに原作者の名義を使い分け、その大半がドラマ化やアニメ化されているヒットメーカー・樹林伸が生み出した作品だ(『ギフテッド』は天樹征丸名義)。過去には、『金田一少年の事件簿』や『探偵学園Q』(原作・天樹征丸、漫画・さとうふみや)、『神の雫』(作・亜樹直/画・オキモト・シュウ)、『サイコメトラーEIJI』(原作・安童夕馬、/漫画・朝基まさし)、『BLOODY MONDAY』(原作・龍門諒/漫画・恵広史)などのヒット作を手がけている(いずれも講談社)。作画は本作のために開催された「MANGAオーディション~樹林伸プロデュース~」で優勝した雨宮理真が担当し、後述するが、見事に作品の色合いを鮮やかにしてくれている。

そんな本作で注目してほしいのが作品の掲載誌。ミステリーである本作が、月刊少女マンガ誌『なかよし』(講談社)で連載されているのは、同誌らしい攻めている感じがあって自然と好感が持てる。

著:雨宮理真, その他:天樹征丸
¥759 (2024/02/29 13:57時点 | Amazon調べ)

リアリティを損なわない描写がミステリー感を強調

警視庁の若きホープである天草那月と、不思議な能力を持つ高校生・四鬼夕也の2人が、ある事件を通して出会い、やがて共に難事件に挑んでいくことに……というのが本作のあらすじ。いわゆる“バディ・ミステリー”ものなのだが、四鬼夕也が持つ能力というのが、彼の説明では「視(み)えたんだよ ソイツが 人殺しだってことが」(第1巻)と表現される代物―― “視る”だけで、人を殺した人間がわかる力なのだ。

詳細は本編を読んで確認してほしいが、メインキャラクターのひとりが特殊能力の持ち主ではあるものの、決して能力だけを駆使して解決とはならず、事件の背景やアリバイトリックの解明にも重点を置いている。ストレートなミステリーとなっているのは、さすがの天樹征丸作品だ。

そして事件解決に欠かせないのが天草那月の存在だ。17歳でMIT大学院を首席で卒業。在学中に起業し、その企業を売却して得た資産は30億円。本人自ら大々的に主張するほど優秀で、四鬼夕也が“視た”犯人を追い詰めるため、アリバイ崩しや裏付け捜査を担う役どころとして活躍する。少しお調子者な面もある天草那月と、クールで一歩引いた感のある四鬼夕也。個性と個性がぶつかり合う様子は見ていて興味深い。

ストーリーを盛り立てるベストマッチな作画

推理力に長けた天草那月と能力者である四鬼夕也からなるバディは、現実とファンタジーの組み合わせが絶妙なだけでなく、ストーリー展開にも大きく影響。四鬼夕也の能力がドラマを揺り起こし、そこを起点として天草那月が謎解きを繰り広げる。本格とエンタメが見事なまでに融合した構成は読み応え抜群だ。

毎回の事件解決もさることながら、物語の縦軸として四鬼夕也の過去にまつわる事件のエピソードも展開していく。回を追うごとにその過去に関係する人物が続々と登場し、誰が敵で味方なのかも曖昧なまま進行していき、目が離せない。

そんなドラマティックかつ本格ミステリーを紡ぐ作画が、また何とも言えず素敵。時に刺激が強めな描写があるものの、美しくもどこかキュートさを漂わせるタッチで緩和し、キャラクター造形で癒しを与えてくれるのも◎。相反するような性格を持つ天草那月と四鬼夕也だが、そのアンバランスさが魅力的で、謎に向かって自然と息ピッタリなところを見せるのも醍醐味の一つだろう。

NEWS・増田貴久(天草那月役)&美 少年・浮所飛貴(四鬼夕也役)の共演で、東海テレビとWOWOW共同制作による連続ドラマとして実写化されることも発表され、まさに“旬”とも言える本作。『金田一少年の事件簿』では、主人公の金田一一には幼馴染のパートナー・七瀬美雪や、年齢を超えて信頼関係にある剣持警部らがいた。彼らとは異なるタイプのバディである天草那月と四鬼夕也だが、偉大なる“先輩”たちをも凌駕する活躍に、今後も期待したい。

著:雨宮理真, その他:天樹征丸
¥759 (2024/02/29 13:57時点 | Amazon調べ)
土ドラ『ギフテッド Season1』ドラマティザー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

映画やドラマ、アニメにマンガ、ゲーム、音楽などエンタメを中心に活動するフリーライター。インタビューやイベント取材、コラム、レビューの執筆、スチール撮影、企業案件もこなす。案件依頼は随時、募集中。

目次