身長150cmで体力ゼロな女性が二輪免許取得に挑む異色バイク漫画&体験記『どこまで行けるかな?』

当ページのリンクには広告が含まれています
どこまで行けるかな?
『どこまで行けるかな?』(藤末さくら/講談社)

体力ゼロ、身長150cm、1日240歩しか動かない超インドアな女性が、普通二輪免許の取得に奮闘する物語『どこまで行けるかな?』。教習所に通い始めた主人公が、めでたく免許をゲットし、憧れのバイクに乗れるまでを描く体験記漫画は、コロナ禍で密にならないバイクの免許取得を考えている方にもお勧め!

目次

夢を目指す想いに年齢や容姿は関係ない!

自らの二輪免許取得体験記を漫画化した主人公(=原作者)は、体力ゼロ、身長150cm、30歳代、二児の母、子供が幼稚園に通い始めてからは1日240歩しか動かない超インドア派。「風を切って走る」バイクとは、およそ無縁の生活を送っていた女性だったり。

バイクに乗っていた結婚前の彼氏(現在のダンナ)には、「お前が乗ったら風に飛ばされてすぐ死ぬ」「だいたい足がつかないから危なすぎる」と猛反対された過去も…。

世の中に数多い、「私には無理そう……」と端から免許取得を諦めがちな女性でも、無事に免許を取得できるの? 憧れのバイクに乗れるの? 主人公の不安が読者にもダイレクトに伝わってくる、応援したい系コミックです。

ちょっと大げさな話になるかもしれませんが、夢は何歳になっても叶えられる! 夢に向かって全力疾走することに、年齢や容姿、生活状況なんか関係ない! 主人公の真っ直ぐな姿勢からは、そんな熱き想いも伝わってきます(というか、意地?)。誰しもが心の奥底にくすぶらせる、秘めた想いを限りなく刺激する……かもしれない作品なのです。

著:藤末さくら
¥550 (2024/02/25 01:26時点 | Amazon調べ)

コロナ禍でバイク免許の取得者が急増中!

ちなみに、昨今のコロナ禍で、二輪免許の取得者が急増していることはご存知でしょうか。

教習所の入校者数は右肩上がりで、今や予約を取るだけでも一苦労。1ヶ月に1~2日程度しか教習を受けられず、期間内に取得できない人もいるほど大人気なのだとか。

もともと二輪免許の教習生は少なく、教習所のキャパシティも四輪に比べればオマケ程度。そこに免許取得希望者が殺到したため、特に都市部の教習所ではパニック状態が続いているのです。感染防止対策で合宿免許を中止した地方の教習所が多いことも、状況に拍車をかけているのでしょう。

ただ、混乱のピークは過ぎたとも思われるため、この作品を読んで「バイクの免許を取ってみたい」「私にも取れそう……取れるかも!」と思われた方は、地元の教習所に問い合わせてみてはいかがでしょう。

すっごい気持ちいい! 私もバイクで走りたい!!

さて、主人公は教習所に入校し、第1段階10時間+第2段階7時間の教習に挑みます。

初めて目にしたバイク(400cc)は、見れば見るほど「デカい!」。押し歩きしてみたら、「重い!」。何とか跨ってみたものの…足がつかない!! 「無謀」という言葉で頭がいっぱいになってしまった教習1時限目。

でも、教習コースを走った際の「すっごい気持ちいい! 走りたい!! 走れるようになりたい!!!」気持ちは、忘れられないもの。ほんの一瞬でも「風になってる」と感じられたなら、もはやバイクの魅力に勝てなくなるのです。

そんな気持ちを胸に、彼女がどう成長していくのかを描く教習物語が、本編の90%を占める本作。いわゆる“バイク漫画”としては、かなり異色な作品ともいえます。

とはいえ、単なる免許取得マニュアル本、教則本的なものを期待すると、肩透かしを食らってしまうかもしれません。

例えばバイク初心者が苦労する三大ポイント【一本橋】【坂道発進】【クランク】などは、ほぼ体験記ゼロ。作者が必死すぎて、漫画化する余裕がなかったとも!?

いっぽうで、体格的なハンデを乗り越え、バイクという乗り物の楽しさを感じながら大変な教習を続ける姿には、誰もが共感できるはず。教官など登場人物のキャラクターも何気に存在感を放ち、ともすれば単純になりがちな教習風景を飽きさせません。

単行本一巻で完結する短編なので、気軽に読めることもお勧めポイントに。バイクに漠然と憧れを抱きつつ、免許取得など非現実的だと思っていた方に、ぜひ読んで欲しい『どこまで行けるかな?』。筆者自身も一人のバイク乗りとして、少しでも世の中にバイク好きが増えてくれれば…と、お勧めしたい作品なのです。

著:藤末さくら
¥550 (2024/02/25 01:26時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コミック、アニメ、鉄道、バイク(カブ主)、クルマ、旅、温泉、キャンプ、歴史&城、Audio&Visual、阪神タイガース、NFLなど、好きなモノがありすぎて困る多趣味人間な物書き(フリーライター)。神棚作品は『逮捕しちゃうぞ』『きまぐれオレンジ☆ロード』『ARIA』。

目次