『ダイヤモンドの功罪』――才能を持つ者は活かすべきか? 才能に魅せられた者は導くべきか? 生き方と価値観が問われる作風に魂が揺さぶられる

当ページのリンクには広告が含まれています
『あくたの死に際』(竹屋まり子/小学館)
目次

野球マンガと読まず嫌いはもったいない!

「もしも自分に才能があったら」

そんなことを考えた経験がある人は少なからずいるだろう。ただし、才能が必ずしもその当人にとって幸せをもたらすとは限らないのかもしれない……。そんな複雑で正解がなさそうなテーマに真っ向から挑んでいるのが、今回紹介する『ダイヤモンドの功罪』だ。

主人公らしきキャラクターの「野球 選んでよかったなんて思ったこと 一回もねぇよ」という意味深なモノローグで幕を開ける本作。ジャンルとしてはスポーツマンガ、なかでも野球マンガに分類され、たしかに少年野球を舞台にストーリーが進行していく。

野球マンガと聞くと読む人を選びそうな印象を受けるかもしれないが、本作は単なる野球マンガにとどまらず、本人や周囲の人間たちが「才能」を巡って繰り広げる人間模様が色濃く描かれている。チャレンジングであり斬新な切り口は普段スポーツものを読まない人にとっても、あまり体験したことがないような読後感を与えてくれるだろう。

著:平井大橋
¥711 (2024/07/20 00:20時点 | Amazon調べ)

才能ゆえの孤高と周囲の狂躁ぶりの対比的な描写が秀逸

主人公の綾こと綾瀬川次郎は小学5年生。体格に恵まれた綾は、どんなスポーツをやってもトップクラスの実力を示す運動能力の持ち主でもある。子供の頃は体格による差も多少はあるのだろうが、そんな分析では隠しきれないほどの運動に関する天賦の才が備わっている。そして彼は挑戦するスポーツで、ことごとく経験者たちを抜き去ってしまう。

その結果、当然傷ついてしまう人が出てくる。スポーツの世界、勝負の世界だからと綾は捉えず、自分のせいで負けてしまう人や夢をあきらめてしまう人、周囲の大人から怒られる人が出ることに嫌気がさしてしまう。自分ができすぎるがゆえに、人間関係が崩れていく体験を嫌というほどしているのだ。

スポーツマンガの主人公は、仲間たちと切磋琢磨を通じて才能が開花したり、圧倒的な才能で立ちはだかる天才型のライバルに打ちひしがれながらも乗り越えようと熱く燃えたり、といったテイストが王道と言える。そうした中で本作の主人公は、豊かな才能を授かりながらも周囲とあつれきが生まれる事態を恐れ、才能を重荷に感じているキャラクターなのが新鮮だ。

才能はあれども、決して勝負事や競争に向いていない性格で、根底にあるのは「スポーツを楽しみたい」という思い。将来に向けてとか勝利を目指してという価値観を持ち合わせていないのが大きなポイントのひとつで、本人と周囲のズレが悲喜こもごものドラマを生み出していく。

主人公はじめ登場人物たちの想いと変容にも注目

そんな綾が出合うのが野球。彼は楽しむことを信条とする少年野球チーム「足立バンビーズ」に入り、ここでも才能を発揮するのだが、チームメイトたちは綾の能力を絶賛。さらに監督から「野球はここにいるみんなが味方なんだよ!」と言葉をかけられ、綾自身も「オレは野球だったんだ!」とスポーツの楽しさに気づき野球にのめり込んでいく。このあたりはタイトルにある「功罪」の「功」に当たる部分であり、仲間たちとの交流も含めスポーツマンガらしい爽やかさを感じさせてくれる。

だが幸せな日々は長くは続かない。綾の底知れない才能に惚れ込んでしまった監督が、綾の本質を知りながらも日本代表の選考会に独断で応募してしまう。監督の複雑な心境はどちらともとれるが、監督の説得に応じて選考会に参加した綾は、自身の才能と性格が原因となり、出会ったメンバーとも衝突。およそ野球マンガでは見たことがないような展開は、良い意味で期待を裏切ってくれる。

綾の優しさは時に周りからは傲慢と思われ、時に容赦なく切りつける。最初は理解できなかった綾も、次第に相手の考え方や心情に気づいていってしまい、それがまた新たな苦悩となり、周囲と距離を感じる原因にもなる。多層的な描き方が切なくも残酷であり、興味深い。

本作は読む人の価値観や生き方により、どのような感想を持つか別れるはず。人はダイヤモンド(天才、才能)の輝きに魅せられてしまうものだろうか。本人の想いよりも才能への期待感や使命感のようなものが勝ってしまうのだろうか。才能があってもシンプルに楽しむだけというのは許されないのだろうか。

さまざまな立場のキャラクターの感情のぶつかり合いは、どちらが正しいとは判断できない。綾は自身の才能、そして周囲は天才(綾)とどう付き合っていくのか。12月には4巻が発売。スポーツマンガをあまり読まない人にも、展開が予測できない作風を味わってみてほしい。

著:平井大橋
¥711 (2024/07/20 00:20時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

映画やドラマ、アニメにマンガ、ゲーム、音楽などエンタメを中心に活動するフリーライター。インタビューやイベント取材、コラム、レビューの執筆、スチール撮影、企業案件もこなす。案件依頼は随時、募集中。

コメント

コメントする

目次